この国には、「施設」はあるが、「住まい」がない。
始まりは2000年頃、前職のオリックス不動産に務めていた時に、高齢者が安心して暮らすことができる街づくりプロジェクトに参画したことでした。その時に痛感したのです。「この国には、高齢者を門限や面会時間などの施設のルールに基づいてお世話する『介護施設』はある。でも、高齢者が夢を持ちつづけ、幸せに暮らせるサービスが備わった『住まい』がない」と。これからの時代、そんな新しい介護ビジネスが求められるはずだ。そう考えたのが、オリックス・リビング創業のきっかけでした。

「よくする介護」を究め、新しい介護士のあり方を。
どんなに立派で充実した住宅をつくったとしても、それだけでは高齢者の幸せは満たされません。お一人おひとりに寄り添い、不自由を支えるだけでなく、できることを増やしていく。そして、生きる尊厳を取り戻し、幸せに生きていくための支援をしつづける。そんな「よくする介護」を究めること。それが、「グッドタイム リビング」で実現したい私たちの使命です。そのために「介護の真髄」を、あなたに体現してほしいのです。本当の意味での介護士の仕事は、専門性が高く、領域も広い。なぜなら、高齢者のいちばん近くにいる介護士は、その方の暮らしすべてを支えるために、介護はもちろん、医療や理学療法の知識まで兼ね備えていないといけないはずだから。介護の主役は、医師でも看護師でも理学療法士でもケアマネージャーでもない。介護士なのです。そんな新しい介護士のあり方を、私たちは追求していきたいと考えています。

すでに介護を志している人も、そうでない人も。
もう介護を仕事にすると決めているあなたへ。今までの固定観念を超えた、未来の介護がここにあります。まだ介護の仕事を知らないあなたへ。これからの社会に必要な専門家になりませんか。その専門家の人間は、今はまだ非常に少ない。つまり、希少価値が高く、あなたのキャリアにとっても大きなチャンスを秘めた仕事なのです。福祉を超えた社会活動まで視野に入れて、みずからの成長、企業の成長、社会の発展に尽力する。そんな仕事を通して、自分自身を磨き、日本社会、ひいてはアジアの成長に貢献できる人になってほしいと願っています。

オリックス・リビング株式会社 取締役社長   森川 悦明